1. HOME
  2. プレスリリース
  3. 新検定「DXビジネス検定(TM)」発表 Webセミナー9/10開催 「DXビジネス変革」を成功するために住友生命が実践する 「ビジネスリテラシー」重視のDX人財育成を語る

新検定「DXビジネス検定(TM)」発表 Webセミナー9/10開催 「DXビジネス変革」を成功するために住友生命が実践する 「ビジネスリテラシー」重視のDX人財育成を語る

ネクストエデュケーションシンク

DX(デジタル・トランスフォーメーション)手法で、企業人財のDX情報感度、イノベーティブ度、ビジネスコンピテンシー等の先進の客観アセスメントを独自開発し、組織人財分析コンサルで、累計1400社、400万人以上の人財分析実績をもつ、株式会社ネクストエデュケーションシンク(略称:NET)(本社:東京都文京区、代表取締役:斉藤実)は、DX時代の新ビジネス検定である【「DXビジネス検定(TM)」発表Webセミナー】を2021年9月10日に開催することを発表しました。

同検定は企業のDX人財育成検定として既に7回の実績を数える「DX検定(TM)」シリーズの第2弾として創設されるもので、自社ビジネスと「DX」の関わりを知り、世界や国内の先進のビジネスモデルやDXの成功事例を多数理解することで、「DXビジネス推進人財」「ビジネス価値創造人財」となることを目指します。
(主催:日本イノベーション融合学会/株式会社ネクストエデュケーションシンク)

 

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「データとデジタル技術」や サブスクリプション、シェアリング、クラウドファンディング、顧客ロイヤリティプログラムなどの「ビジネスの仕掛け」を活用したDX経営改革のことです。

このため企業がDXを本当に成功させたいなら、「DXの基礎用語」はもちろん、「データ分析に関する用語」、「デジタル技術に関する用語」、「マーケティングに関する用語」、「ビジネスモデルに関する用語」を数多く理解している必要があります。

さらにこれら用語を使った「企業DXビジネス事例」も幅広く知り、どの企業がどの技術やビジネスモデルを使っているのかを分析し、自社のDX変革に活かすことが必要です。

このようにDXとビジネスとの間を橋渡しできる人財が求められている今、日本イノベーション融合学会は、「DXビジネス検定(TM)」を2021年11月に創設することを発表しました。

「DXビジネス検定(TM)」は従来の「DX検定(TM)」の出題範囲よりさらにビジネス領域の裾野を広げ、 内定者から新入社員、若手社員、デジタル化に苦手意識のある方、管理職、経営陣も含め、DX入門者から、全ての企業人の方々が対象となる最新の実践的なDXビジネス検定試験です。

本セミナーでは、DXにおけるビジネスの重要性をいち早く理解し、代表的なDXビジネスモデルである「住友生命Vitalityプロジェクト」にてDXビジネス人財の育成を強力に推進されてきた住友生命相互保険のデジタルオフィサー、岸和良講師から、「DXビジネス人財」がなぜ企業で望まれているのか、ビジネスとDXの深いかかわり等について、実践事例を交えてお話いただきます。

また、検定主催の日本イノベーション融合学会、専務理事・斉藤実より、「DXビジネス検定(TM)」の立ち位置や、企業におけるDXビジネス人財の必要性、能力の可視化、評価、認定、組織分析手法などについて、実践的な活用事例をご紹介いたします。

 

【セミナー概要】

  • セミナータイトル
    「DXビジネス変革」を成功させるために
    住友生命が実践する「ビジネスリテラシー」重視のDX人財育成
  • 対象:大手・中堅企業の経営層、経営企画部門、各事業部長、DX推進部門の責任者、人事部・人材開発部の責任者、IT企業の人事部・人材開発部の責任者の皆様
  • 日時:2021年9月10日(金) 16:00~17:40
  • 参加方法:インターネットに接続できるPC・スマートフォンからご視聴ください。
    ※Zoomを使用したオンラインセミナー方式となります。

 

【プログラム(予定)】

1.DX時代にすべての企業が発展するために
「DXビジネス検定(TM)」リリース
斉藤 実
日本イノベーション融合学会 専務理事
株式会社ネクストエデュケーションシンク 代表取締役

2.DXビジネス人財はこうすれば育つ!
住友生命が実践する「ビジネスリテラシー」重視のDX人財育成
岸 和良氏
住友生命保険相互会社 理事 デジタルオフィサー

3.講師への質疑応答

 

●申込方法:以下URLよりお申込みいただけます。
⇒ https://www.nextet.net/topics/s20210910.html

 

【講師紹介】

・岸 和良 氏
住友生命保険相互会社
理事 デジタルオフィサー
生命保険基幹システムの開発・保守、システム企画、システム統合プロジェクト、生命保険の代理店新規拡大やシステム標準化などを担当後、DX型健康増進型保険Vitalityの開発責任者を担当。現在はデジタルオフィサーとして、デジタル戦略の立案・社内人材教育・対外のイノベーティブ人材育成活動などを行っている。

・斉藤 実
日本イノベーション融合学会 専務理事 / 株式会社ネクストエデュケーションシンク 代表取締役
哲学教育系雑誌編集長を経て、アスキー入社。PC技術マニュアル編集長、教育メディア編集長を経て、科学的な人財育成・DX手法の人財アセスメント開発会社のネクストエデュケーションシンクを起業し、代表取締役。
「本郷人間塾TM」理事長。日本イノベーション融合学会専務理事。ITSS認定コンサルタント/能力診断開発コンサルタント/人財育成コンサルタント/認定診断分析マスターアセッサー

 

★ネクストエデュケーションシンクのアセスメント事業の特長と実績について

株式会社ネクストエデュケーションシンクでは、現代の医療が個人毎に事前に採血やCT検査などを実施してデジタルで科学的に症状把握した上で、個々の診断と処方を正確に行うのと同様に、企業を成長させる上で、いま最も重要な「人財育成」分野においても高精度のクラウド型アセスメントを活用することで、これまで難しかった個人ごとのスキルやコンピテンシー(成果を上げる行動特性)をデジタルで客観的に定量的に可視化して、一人ひとり異なる能力の伸ばし方があることに着目し、科学的な教育・研修を行う独自の効果的なDX活用のアセスメントによる人財分析・育成手法を開発。この10年間で大手・中堅企業など累計1400社400万人以上の診断・分析を実施。これらの統計データ・ビッグデータ・AI等を活用した、スピーディかつ科学的な採用、適材適所配属、評価、育成、リーダー・マネージャの「人間力」やコンピテンシー養成研修、組織人財分析、タレントマネジメントシステムとの連携、DX人財・イノベーティブ人財の発掘・研修・組織開発コンサルなどで、経営視点からの総合的な企業人財支援で実績を上げてまいりました。

■会社概要
名称   : 株式会社ネクストエデュケーションシンク
代表取締役: 斉藤 実
所在地  : 東京都文京区本郷5-1-16 VORT本郷3F
設立   : 1999年10月25日
事業内容 : 人財アセスメント、組織分析、人財コンサルティング事業、
教育・研修事業、人財育成関連システム開発事業、他
資本金  : 3,000万円
加入団体 : 日本イノベーション融合学会(IFSJ)、
一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)、
一般社団法人ソフトウェア協会(SAJ)、
日本テスト学会、東京商工会議所、一般社団法人iCD協会(iCDA)

▽株式会社ネクストエデュケーションシンク Webページ
https://www.nextet.net/

▽株式会社ネクストエデュケーションシンク Facebookページ
https://www.facebook.com/nexteducationthink

 

■ 本リリースに関するお問い合わせ
東京都文京区本郷5-1-16 VORT本郷3F
株式会社ネクストエデュケーションシンク マーケティング部 齋藤(加)
TEL : 03-5842-5148  FAX:03-5842-5147 e-mail: info@nextet.net

ニュースリリースに掲載されている情報(サービスの価格/仕様、内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース

プレスリリース一覧