1. HOME
  2. プレスリリース
  3. 雇用市場は「ポスト・コロナ・ブーム」か?

雇用市場は「ポスト・コロナ・ブーム」か?

キーンバウム

ドイツの企業はスペシャリストの獲得に必死だ。しかし、このブームは経営幹部にも当てはまるのだろうか?一部の業種では確かにそう言えるが、実際のところ、専門家の評価はかなり異なる。驚くべき概要を紹介する。

ifo雇用バロメーターの値は、特に機械工学、電気産業、および人事サービスの部門でが再び大きな上昇を示している。 コロナの影響で2020年4月に落ち込んだ後、指標はほぼ継続的に回復した。他の多くの数値も同様の動きを示している。たとえば、労働市場職業研究所(Institut für Arbeitsmarkt und Berufsforschung)によると、雇用機関(Arbeitsagentur)は労働市場の急激な好転は全く予想外であり、今こそ労働市場は力強い回復期にあるのだという。

ここで疑問が生じる。この状況は経営幹部にも当てはまるのだろうか? 専門家は過去数週間の経験に基づき、次の結論に達した。すなわち、経営幹部の需要はところどころで増加するも、全体的にはスペシャリスト需要ほど強くはない、ということである。「現在、労働力の増加はすべての業界でトレンドとなっている。ただし、管理職については、やや状況が異なると捉えている。個々の業界で管理職の需要が再び高まっているものの、一般的なブームとは見られない。」キーンバウムのプリンシパルであるBernhard Walterはこのように状況を要約する。

規制、リスク管理、ITなどの特別な分野で幅広いプロジェクト経験を持つコンサルタントの需要は、現在、特に金融セクターで高まっている。「企業の持つ課題やトランスフォーメーションプロセスについて、情報のアップデートを得たいからである。」キーンバウムのエグゼクティブディレクターであるBarbara Thielはこう述べる。 2020年3月の最初のロックダウン直後は、状況は大きく違っていた。当時、ほとんどの企業は非常に慎重に行動していた。現在では多くの企業が動き出している。

「求められている候補者は、将来必要とされるスキル、いわゆるフューチャースキルを持ち、変革をもたらすリーダーシップを備えた人物だ。つまり、アジャイル性を促進し、デジタル思考を備え、本質的に意欲的である、そのような候補者である。」エグゼクティブサーチ部門のディレクターであるHRスペシャリストのAnna-Maria Karlはこう定義する。この条件に合致するプロファイルは比較的少数であるため、これは極端な需要市場となる。

管理職獲得競争
今後数か月の管理職獲得競争がどれほど激しくなるかは、企業のふるまいだけでなく、潜在的候補者の転職意欲にも左右される。最近は転職に比較的消極的な傾向にあった。「ここのところはコロナを取り巻く不確実性の中で、比較的多くの従業員が転職を決心できなかった」とキーンバウムのディレクター、Frederik Gottschalckは語る。業界を問わず、第二次世界大戦以来最悪の経済危機となったコロナの状況下で、多くの管理職は試用期間というリスクを望まなかったり、あるいは現職への愛着を再び見出したりした。しかし、転職への欲求はすぐに再び高まるはずである。

このような混在的状況下で、エグゼクティブサーチの役割はますます重要になっている、と、キーンバウムのマネージングディレクターであるThomas Straessleは語る。「最近よく耳にすることは、『仲介者』としてのエグゼクティブサーチのコンサルティングサービスは、将来的に高い需要があるということだ。おそらくこれまでよりさらに専門化され特化されるとは言え、これは我々コンサルタントにとっては喜ばしいことだ。」

この傾向が示すことは明らかだ。つまり、現在、すべての企業が同様に、人事構造に関して基本的な課題を抱えている、ということである。「以前はいくつかの問題が看過されていたが、これらを解決しなければならないことにはもはや選択の余地はない。」デジタル、メディア、テクノロジー部門のプラクティスグループのリーダーであるSebastian Holmerはこのように述べる。というのは、仕事を取り巻く環境が根本的に変化したためだ。デジタル化、製造、販売/マーケティングだけでなく、組織/企画/調整に関する全体的な問題もある。さらに、急激にポジティブに動き出した事業展開も需要増加に貢献している。

各業界に精通するエキスパートとの意見交換をご希望ですか? お気軽にお問い合わせください。

【執筆】
Thorsten Giersch
Chefredakteur | Kienbaum Consultants International
thorsten.giersch@kienbaum.de

本記事はキーンバウム日系企業グループニュースレターNo.4/2021に掲載されたものです。ニュースレターはこちらよりご覧いただけます。
https://media.kienbaum.com/wp-content/uploads/sites/13/2021/09/Newsletter_No_4_2021_JP.pdf

オリジナル記事(ドイツ語)はこちらから
https://www.kienbaum.com/de/blog/erlebt-der-arbeitsmarkt-einen-post-corona-boom/

ニュースレターの購読お申込みは japan@kienbaum.co.jp  までご連絡下さい。

———————————————————————

【キーンバウム・コンサルタンツ・インターナショナル】
全世界4大陸に計24の拠点を持つドイツ最大手、ヨーロッパ有数の人事およびマネジメントコンサルティング会社。創業以来75年以上、クライアント企業との信頼関係を基礎に、組織における人材の能力を最大限に引き出すことを目標とする総合的コンサルティングを提供。

【キーンバウム・ジャパン】
キーンバウムのコンサルティング業務のノウハウを活かし、日本におけるエグゼクティブサーチを目的に設立。豊富な海外ビジネス経験を背景に、クライアントのニーズを徹底的に把握し、一貫した信頼関係の中で候補者を絞り込む。雇用契約締結だけでなく長期的な人材コンサルティングのパートナーであり続けることを目標とする。

https://international.kienbaum.com/japan/
電話: +81 (0) 44 387 6573
メール: japan@kienbaum.co.jp

プレスリリース

プレスリリース一覧